2013/02/24

CNC改造計画

ここのところ、CNCで色々部品を作るのが楽しくなっている。
設計をしていて、穴や曲線が多かったり、厚みのある部品だったりすると、
自分が手で加工する手間を考えると憂鬱になって作るのを止めてしまったりしていた。

ズボラなんです。すいません。

でも、CNCがあれば、MDFとかアクリルならば勝手に切り出してくれる!!
超ありがたい!!クオリティについても現状ほぼ満足している。


ただ、加工範囲については正直、設計間違ったなーと思っている。

まず、加工対象がY軸テーブルと一緒に動く仕様なので、加工できるサイズが
限定されていて、さらに固定方法で悩んでいる(現状、両面テープで留めている)。
電装用のプラスティックケースや大物などを作りたくなっている今日この頃である。
思い切って、作り直そうかしら…Fireball V90みたいに門型のデザインだと楽かも…



4 件のコメント:

  1. こんにちは。あきらひとしと申します。
    門型のデザインにすると、しっかり剛性確保しないとスピンドルブレブレになってしまいます。

    気をつけて設計してくださいね。。

    返信削除
  2. アドバイスありがとうございました!!

    そうですよね…現在の猫CNC(そんな名前です)もかなり怪しい…
    上述のFireballって、どうやっているんだろう?

    返信削除
  3. Fireballシリーズはあれで結構考えられていて最大加工高さを抑えてあり、剛性の出しづらいZ軸周りのモーメント力(回転する力)が少なめだと思います。
    また、台としている部分の左右の太いパイプ。パイプ自体の加工精度がどうなのか判りませんがあれはあれでかなり剛性を稼いでいるはずです。

    水平荷重、垂直荷重は割りと解りやすいのですが、モーメントによる荷重は案外大きいにもかかわらず、忘れられている場合が多いです。

    加工範囲が大きくなればなるほど、加工している刃物と支持している部分との距離が長くなり必要とされる剛性が高くなってしまいます。
    Mantis Machine 9もその辺よく考えられていていると思います。


    加工時のスピンドルを観察していると、どの方向にどのように力が掛かっているかよくわかります。特に加工時の音に注意してみてください。。

    また、加工速度が速くなればなるほど、今度は慣性の力にも対抗しなければならず、ますます精度を出すのが難しくなります。。

    返信削除
  4. ふむふむ。
    モーメントについては納得で、ぜひ改良すべき点ですね。

    返信削除