2011/12/27

CNC用の新規コントローラ

これまでは、Arduino Unoでモータ3個の2相パルスを生成していたのですが・・・
そろそろ問題が出てきました。

パルスのズレが出てしまうようです。うーん。
色々試行錯誤していたのですが、ちょっと良いアイデアが浮かびません。
(精度的にコレでいい場合もあるのですが)

そこで、新しいCNC用のコントローラを作ってみて、もう一度
やり直すことにしました。

参考にしているのは、3Dプリンタ用のReprap Gen7
秋葉原で部品も買ってきたので、年末には基板を仕上げたい。

しかし、調べれば調べるほど、面白い!!

なにしろ、Reprapは自己複製を主眼として作成されていて、
つまり自分自身(のプラスティック部品)を作ることが出来るという点です。

電源や電気部品、モーターは必要ですが、その他はホームセンターで入手可能な
長ネジなどで構成したシンプルな構造です。

共通する部品も多く、いまの木製CNCを改造すれば、すぐにでも出来そう・・・?

ただ、溶けたプラスティックを押し出す機構については、海外の事例がほとんどで
なんとか、国産化(というか入手が容易)にしたいですね!

来年の目標だな!

0 件のコメント:

コメントを投稿